お知らせ

公益社団法⼈ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)にAI温度検知機器 SenseThunder導⼊

公開日:

〜 今こそスポーツの⼒で⽇本を元気に。安⼼安全な興⾏運営を⽀援 〜

ソフトバンク株式会社の⼦会社、⽇本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代⽥区、以下「JCV」)はAI温度検知システム「SenseThunder(センスサンダー)」を、公益社団法⼈ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都⽂京区、以下「B.LEAGUE」)に納⼊しましたのでお知らせ致します。

関係者⼝に設置し、来場者の温度を検知

「SenseThunder」は、AI(⼈⼯知能)を活⽤した顔認識技術と⾚外線サーモグラフィーにより、マスクを着⽤したままでも、僅か0.5秒でスピーディーに発熱の疑い(⼀定以上の⾼い温度)を検知します。新型コロナウイルス感染症の拡⼤防⽌の取り組みの⼀つとして、国内のさまざまな施設や病院、企業での利⽤が広がっております。

今回ご採⽤頂きましたB.LEAGUEでは、安全な興⾏運営のために、37.0℃以上の来場者を検知するためのスクリーニング⽤途でおります。
SenseThunderでスクリーニングし、仮に37.0℃以上を検知した場合には、あらためて体温測定の実施を⾏い、発熱がされていないことを確認の上、アリーナに⼊場頂いております。
B.LEAGUEは、新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインで定めている感染症対策を⽇々実施されております。選⼿やクラブスタッフ含めクラブ全体として感染症対策強化をされていますが、SenseThunderを通してアリーナ来場者の温度検知をすることで、安全な公式試合の実施が可能となり、来場者をはじめとした観戦者に多くの感動を与える機会の創出につながります。

JCVは「SenseThunder」の納⼊を通し、さまざまな場所での安⼼安全な環境の整備、空間の創出に貢献し、⽇本社会を安全で元気な姿に戻す為の⽀援を継続して参ります。

関連情報

B.LEAGUE新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

AI温度検知ソリューション「SenseThunder」

「SenseThunder」は、株式会社東京商⼯リサーチが実施した「AI顔認証タブレット型⾮接触温度測定装置に関する調査」の結果、出荷台数1位(期間:2020年1⽉〜6⽉期)を獲得しました※1

※1 2020年8⽉ 株式会社東京商⼯リサーチ調べをご覧ください。

医療品医療機器法(薬機法)の定める体温計ではないため、医療診察では利⽤できません。

⽇本コンピュータビジョン株式会社のプレスリリース⼀覧

【本件に関するお問い合わせ】

日本コンピュータビジョン株式会社 営業&マーケティング本部 マーケティング部
問い合わせフォームよりご連絡をお願い申し上げます

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、SenseTime社の画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して最先端ソリューションを提供します。