日本コンピュータビジョン株式会社はAI技術を活用し、スマートビルディング分野とスマートリテール分野に対し最先端ソリューションを提供するビジョナリーカンパニーです。

日本コンピュータビジョン株式会社はAI技術を活用し、スマートビルディング分野とスマートリテール分野に対し最先端ソリューションを提供するビジョナリーカンパニーです。

「世界最高レベルのAI」 センスタイム社と提携 → 「日本での開発・運用」 日本でのデータ管理を徹底 → スマートビルディング スマートリテール

「世界最高レベルのAI」 センスタイム社と提携 → 「日本での開発・運用」 日本でのデータ管理を徹底 → スマートビルディング スマートリテール

Message from CEO
CEO Andrew Schwabecher
Message from CEO
日本のニューカマーである私は、日本人が持つ「おもてなし」の心と日本での顧客体験の素晴らしさに日々感銘を受けています。この「おもてなし」の文化が作り上げた慣例やプロセス、システムこそが、日本製品やサービスの品質を世界中の国々と比べても極めて素晴らしいものにしていると考えています。

近年、AIとDeep Learningとを組み合わせたコンピュータビジョン技術によって、オフラインやリアルワールドの体験をより効率的で便利にするための機会が広がっています。

我々日本コンピュータビジョン株式会社のゴールは、オフィスビルディングやリテール店舗におけるこの「おもてなし」の心を、コンピュータビジョンとAI技術によって増幅し、そして人々のくらしを豊かにすることです。

このビジョンを実現するために、我々の親会社でもありビジネスパートナーでもあるSoftBankグループの投資先企業の皆様、そして、コンピュータビジョン分野のマーケットリーダーであるSenseTime社と協業できるという素晴らしい機会を得ることができました。SenseTime社はAIとDeep Learningの分野において世界でもっとも優秀なチームのひとつであり、同分野の学術研究に大きく寄与しています。

我々はこれら技術と、人権とセキュリティ、個人情報保護、自由に対し有益な倫理的なアプローチをもって、日本のビルディングアクセス業界とリテール業界をさらに発展させる機会を得ました。これら価値への意識を通じて、我々は、人々が幸せにくらす新しい世界の出発点となるような製品を生み出します。我々はここに、我々が提供する製品・ソリューションについて、重要な価値を尊重しているか、そしてこの「おもてなし」の心を皆様にお届けしているかを定期的に確認し続けることをお約束します。

CEO Andrew Schwabecher
代表取締役社長
Andrew Schwabecher
会社概要
会社概要
社名 日本コンピュータビジョン株式会社
(英語名称:Japan Computer Vision Corp.)
代表者 代表取締役社長
Andrew Schwabecher
(アンドリュー シュワベッカー)
所在地 東京都港区東新橋一丁目9番2号 汐留 住友ビル 27階
設立年月 2019年5月
主な事業内容 画像認識技術をベースとした製品の開発及び提供
株主 ソフトバンク株式会社
倫理的指針
倫理的指針
日本コンピュータビジョン株式会社が提供する先進的なAI技術の健全な発展には、個々の人権を最大限尊重するためのAI技術の利用に関する国際的なルール作りが欠かせません。

AI技術の利用に関する国際な倫理指針が設けられるまで、日本コンピュータビジョン株式会社はリーディングAIテクノロジーカンパニーとして、コンピュータビジョンとAI技術の倫理的利用を実践・促進し、我々の企業理念とミッションを実現するために独自の標準を採用します。

すなわち、日本コンピュータビジョン株式会社が開発、商用化、販売する全ての製品と技術において、以下に挙げられる基準で人間を識別する機能や利用がないことを保証します。

・宗教
・人種・民族
・政治的見解

上記の機能について、日本コンピュータビジョン株式会社は開発、商用化、または販売を一切行わず、これらの利用を制限する条項は日本コンピュータビジョン株式会社の製品ライセンス契約に添付されます。