コラム

非接触が当たり前の時代も近い?最先端のレジをご紹介

公開日:

更新日:

買い物をすれば当たり前に目にするレジですが、目覚ましい変化が起こり始めています。
レジは決済を行うだけではなく、効率よく顧客情報を収集し、企業の施策を実践する役割を担う重要な場所になりつつあります。

近年のレジは、どのような機能を持ち、どのような運用が行われているのでしょうか。

この記事では、「非接触」をキーワードに、最新のレジで店舗運営がどのような変化を遂げるのかをご紹介します。

接触型レジの普及

以前から非接触型のレジは存在していましたが、近年では活用がさらに広がっています。
この背景にはどのような理由があるのでしょうか。
「コロナ禍」、「電子マネー」、「人材不足」3つの観点でご紹介します。

コロナ禍

コロナ禍以降、小売店では感染拡大防止対策の推進を社会や顧客から強く求められてきました。
マスク着用の徹底や、レジ前にカーテンを設置するなどの工夫を行っていますが、根本的に接触を減らすための対策としてレジの非接触化が進んだと考えられます。

電子マネー

国をあげた電子マネーの活用推進事業が行われたことも、要因のひとつと考えられます。
非接触レジは多くの電子マネーに対応しており、決済の手間が削減されることから買い物客に受け入れられています。

人材不足

小売業界では、慢性的な人材不足に悩まされている企業が多く存在しています。
十分なレジ作業員を確保することも簡単ではなく、コストとのバランスをとりながら店舗では慎重な人材採用を行っています。
非接触型レジであればレジ作業員の人数を削減することができ、社会情勢に応えることもできるため、現状に対するひとつの回答になっていると言えるでしょう。

このように、非接触レジは小売業界の課題と社会的な要請にマッチしており、活用のハードルもそれほど高くないことから、各社が導入を進めていると考えられます。

非接触レジの種類

非接触レジは、大きく「セルフレジ」と「セミセルフレジ」に分類されます。

セルフレジ

買い物客が自分で商品のバーコードをスキャンして、決済端末を通して支払いを完了する方式です。
一般的なスーパーマーケットでの普及率が高く、目にする機会も多いのではないでしょうか。
セルフレジであれば、無人化や少数の従業員でレジ周りの業務を行えるため、人件費の削減に直接的な効果を発揮します。
しかし、セルフレジの操作に不安を覚える買い物客もいるため、実際には従来の有人レジと併設することが多いようです。

セミセルフレジ

バーコードの読み取りを従業員が行い、支払いは買い物客と決済端末で完結する方式です。
セルフレジと比較して、レジ担当の従業員の配置は必要ですが、機械が苦手な買い物客も安心して買い物ができるメリットがあります。
決済端末での支払時も、わからないことは従業員がその場で案内することができるため、想定外のトラブルは起こりにくいでしょう。
基本的にはレジ担当者の作業はバーコードの読み取りとなるため、レジ前の混雑緩和にも繋がります。

人件費の削減効果が大きいセルフレジ、買い物客の不安が少なく、従業員による対応が行いやすいセミセルフレジと、一長一短な面があります。
それぞれの特性を理解し、バランスよく活用していくことが必要です。

進化するレジ端末

非接触型レジが普及するなかで、レジ端末自体の高度化も進んでいます。

POSレジ

「POS」とはPoints Of Salesの略語で、直訳すると「販売時点情報管理」となります。
販売時点情報とは、商品を販売した時点(決済を行う時点)での、購入された商品や購入客の情報を指します。
これらの情報を収集・分析することで、今後のマーケティング戦略に活用することができます。
また、近年では複数のPOSレジの情報を一括で管理するほか、在庫管理機能を搭載したものも登場しています。

空中ディスプレイ

セブンイレブンジャパンが実証実験を行った、最先端のレジシステムです。
セルフレジと同様に買い物客がバーコードを読み取り、空中に表示される画面を操作して決済を行います。
物理的な接触がないため感染防止対策となるほか、省スペース化によってレジ台数を増やすなどのメリットも考えられるでしょう。
空中ディスプレイ自体が一般的に活用されたばかりの技術であるため、今後も新しい価値が創造されていくことを期待できます。

参考:株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
https://www.sej.co.jp/company/news_release/news/2022/165442.html

顔認証決済レジ

顔認証システムにより決済を行うシステムです。
デバイスのタッチが不要なため完全な非接触を実現できるほか、顔認証システムにより買い物客の属性を自動的に収集することができます。
そのため、POSレジの情報収集能力と非接触決済の両方を実現しているシステムと言えるでしょう。
顔認証システムにより一貫した判定で属性情報を収集するため、情報の信頼性が高いことも魅力です。
収集したデータはデータベースに蓄積されるため、様々な観点から分析し、マーケティングに大きく役立つでしょう。

レジ端末の高度化により、企業にとって価値のある情報収集が飛躍的に行いやすくなっています。
商品の品質だけではなく、マーケティングや顧客サービスが重要な時代において顧客の嗜好は無視できない情報です。
顔認証決済レジであれば、その場でシステムが判定した属性に応じて商品をレコメンドする、クーポンを配布することも考えられます。

高度化したレジの導入を検討する際は、求める機能を明確にして自社にマッチしたものを選定することが重要です。

まとめ

一般化してきた非接触レジにより、店舗では従業員の配置や必要人数に対する考え方も変わってきていると考えられます。
高度化するレジ端末により、もはや店舗のレジは「お会計を行う場所」ではなく、「顧客データを収集し、新しいサービスを提供する場所」になってきているのではないでしょうか。

新たな可能性が見えている「レジ」について考え直すことで、店舗運営にとって大きな価値が生まれるかもしれません。

また、顔認証システムはレジだけに限らず、従業員の出退勤管理や買い物客の検温など、店舗運営において様々な応用方法が考えられます。

小売業界で活躍できる顔認証技術の情報を、こちらにもまとめています。
ダウンロードの上、ぜひ貴社のビジネスにお役立てください。

小売業界の進化がはじまる 画像認識・顔認証技術がもたらす変革とは
https://www.japancv.co.jp/ebook/5110/

お役立ち資料一覧はこちら

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、
画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して
最先端ソリューションを提供します。