コラム

対面の手続きは効率化実現の狙い目!非接触で実現するスマートなチェックインとは

公開日:

更新日:

コロナ禍により大きな影響を被った宿泊施設では、今でも売上回復のために努力や工夫を続けています。
GoToトラベルのような経済の再始動事業もあり、一時よりは客足が戻ってきた傾向にあるようです。

しかし、依然として経営が苦しい状況は続いており、今後に不安を抱える事業者も多いのではないでしょうか。
コロナ禍前の状態に戻ることを期待するのではなく、今の社会情勢の中でどのようなサービスを展開するかに視点を切り替えることも必要なのかもしれません。

近年では、ホテルを中心に非接触のチェックインシステムの活用が広がっています。
コロナ禍における感染防止対策にもなりますが、苦しい現状を打開する一手として有効な機能があり、検討の価値は十分にあるでしょう。

この記事では、非接触のチェックインシステムの概要や、実際にどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

非接触のチェックインとはどのようなものか

活用が広がる非接触チェックインは、具体的にどのようなものなのでしょうか。
ここでは、非接触チェックインの基本的な概要をご紹介します。

非接触チェックインとは

宿泊客がチェックインシステム(機械)を操作することで、チェックイン/チェックアウトの手続きを完結できるサービスです。
スマートチェックインとも呼ばれます。

宿泊客が自身の情報をチェックインシステムに入力し、ルームキーを受け取る流れが一般的です。
宿泊客の目線では、ホテルのフロントで行っていた手続きを、システムを操作して行う形になります。
必要な情報はフロントでの手続きとほぼ変わらず、操作も簡単なため初めての利用でも戸惑うことは少ないでしょう。

多くのチェックインシステムでは、現金やクレジットカード、各種電子マネーに幅広く対応しています。

シンプルな操作でチェックイン手続きが完結されるため、フロント従業員の工数削減はもちろん、宿泊客の負担も削減される傾向にあります。

このように、非接触チェックインとは非対面でのフロント業務を実現するサービスとも言えるでしょう。

非接触チェックインのメリット・デメリット

非接触チェックインシステムは、主に大手ビジネスホテルやリゾートホテルで活用されています。
近年では比較的低価格で利用できるサービスも登場しており、小規模な宿泊施設でも利用が拡大する可能性は大いにあります。
これからの導入を検討する宿泊施設は、非接触チェックインシステムのメリット・デメリットを理解し、自社でどのように活用していくのかをしっかり検討することが大切です。

非接触チェックインのメリット

1. フロント業務の削減
定型的な手続きのみであれば、多くのチェックインサービスでフロントの無人化が可能です。
チェックイン時:宿泊客の情報受付を行い、ルームキーを発行。
チェックアウト時:宿泊客からルームキー返却を確認し、チェックアウト処理を実行。必要に応じて、クーポン券の配布なども可能です。

2. 宿泊客のストレス軽減
多くのホテルでは、時間帯によってフロントが混雑するタイミングがあります。
非接触チェックインにより手続きが簡略化されるため、従来の手続きと比べて混雑の緩和を期待できます。
また、深夜時間帯はフロントが不在になりチェックインを行いにくくなるケースもありますが、24時間稼働する非接触チェックインであればそのような心配もありません。

3. 言語が異なる方の対応スムーズ化
多言語を扱える従業員が不在の場合、言語が異なる方への接客が難しくなってしまうケースがあります。
簡単な手続きであるはずなのに必要以上の時間がかかってしまい、従業員と宿泊客の双方が不利益を被ってしまう場合もあるでしょう。
特に、観光で来日している外国人旅行者であれば、その対応一つでホテルへの評価が変わってしまう可能性もあります。
多言語に対応する非接触チェックインシステムであれば、そのようなリスクが削減され、多くの宿泊客に快適な環境を提供することにつながります。

4. 感染防止対策の推進
フロントの無人化や少人数化が実現されれば、その分人同士の接触が削減されることになります。
感染リスクに敏感なお客様の安心につながるほか、宿泊客と従業員双方の安全性の工場を期待できるでしょう。

非接触チェックインのデメリット

1. 機械が苦手な宿泊客からは敬遠される可能性が高い
非接触チェックインシステムは簡単な操作で手続きを済ませられますが、機械であることに変わりはありません。
機械の操作が苦手な方にとっては、それだけでそのホテルを避ける理由になる可能性もあります。
また、手続きの効率化だけではなく、人間の従業員からしっかりとサービスを受けたいと考える方も多くいらっしゃいます。

このように、非接触チェックインシステムには多くのメリットがあります。
しかし、従業員による気の利いたサービスも宿泊施設の魅力として大切な要素です。
導入の前にメリット・デメリットを整理し、宿泊客層や運営形態にマッチした方法をよく検討する必要があります。

顔認証システムによる非接触チェックイン

近年活用が急速に拡大している顔認証システムを応用した非接触チェックインも登場しています。
現在スタンダードな非接触チェックインシステムも大変便利な機能を取りそろえていますが、顔認証システムによりさらなる利便性の向上を期待できます。

顔認証チェックインシステムの特徴

顔認証システムは、かざされた顔を認証し、属性情報の分析を行うことができます。
それにより、以下の機能を実現することが可能です。

1. 宿泊客の属性分析
宿泊客が顔認証システムのカメラに顔をかざすことで、年齢や性別といった属性情報を取得することができます。
収集した属性情報をさらに分析することで、正確な客層データから導き出された効果の高いマーケティング施策を打ち出すこともできるでしょう。

2. デバイスやルームキーが不要になる
客室の鍵と宿泊客の顔情報を紐付ければ、ルームキーも不要になります。
宿泊客は、自分の顔をルームキー代わりにして入退室することが可能です。
そのため、ルームキーを室内に置き忘れてしまう、ホテル内の施設で紛失してしまうなどのトラブルを避けることにも繋がります。

3. 自動検温
検温機能を搭載した顔認証カメラであれば、顔認証を行うタイミングで非接触での検温を行うことができます。
発熱を自覚していない方を検知できるため、感染防止対策の質はさらに向上するでしょう。

顔認証チェックインは、従業員と宿泊客の負担をさらに軽減することができます。

まとめ

非接触チェックインはホテルと宿泊客双方にとってメリットがあり、今後も拡大していく可能性は高いと言えます。
複数のサービスが存在しているため、導入を検討する際は比較検討を怠らず、自社が望んでいる機能を搭載し、客層にマッチしたサービスを吟味することが大切です。

さらに顔認証システムを組み合わせることで、従来の非接触チェックインから一歩進んだサービスを検討することもよいでしょう。

顔認証システムは、使い方次第でチェックイン以外にも幅広く活用することができます。
こちらもぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

顔認証システムを活用したサービス提供について、こちらでも情報をまとめています。
ダウンロードの上、ぜひ貴社のビジネスにお役立てください。

顔認証時代へ突入 サービス提供側が考えるべき利便性
https://www.japancv.co.jp/ebook/4758/

すでに始まっている顔認証技術の導入理由とは
https://www.japancv.co.jp/ebook/4771/

お役立ち資料一覧はこちら

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、
画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して
最先端ソリューションを提供します。