コラム

ホテルの業務が変わる!顔認証技術によるチェックインの実現

公開日:

更新日:

人混みや接触を避けて行動することが当たり前になりつつある昨今ですが、時間帯によってはどうしても混雑してしまうシーンもあります。
ホテルのフロントもその一つで、従業員とお客様双方が不安を抱えることも多いでしょう。

現代のホテル業における多くの問題を解決する技術として、顔認証システムが広く活用され始めていることをご存知でしょうか。
人混みによるリスクやストレスを劇的に軽減し、ホテル業務の効率化にも大きな効果を発揮しています。

この記事では、顔認証システムでホテル業務がどのように変化するのかをご紹介します。

変化が求められるホテル業

コロナ禍で深刻な影響を受けたホテル業界では、現在に至るまで社会から感染防止対策の推進を強く求められてきました。
ほとんどのホテルでは、従業員のマスク着用はもちろん、できる限り3密を避けるための対策を行っています。

しかし、体外的なイメージが重要なホテル業では、決め手となる対策が打てずお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
多くのお客様に利用してもらいたいのはもちろんですが、フロントの人混みや、発熱したお客様からクラスター感染が発生するリスクも無視できません。
ホテルの入り口でお客様に検温をお願いしても、そこで混雑してしまってはリスクが増える結果になりかねません。

近年、これまでの感染防止策から一歩進んだ形として、今後を見据えた効率化や集客の力となる顔認証システムの活用が広まっています。
コロナ禍の対応だけではなく、長期的にメリットを生み出すための経営戦略として顔認証システムを検討してみてはいかがでしょうか。

ホテル業の課題

コロナ禍の影響もあり、ホテル業界はお客様から求められるサービスの水準も上昇傾向にあります。
この状況下で、ホテル業ではどのような課題があるのでしょうか。
自社の状況と照らし合わせて確認してみましょう。

1. 人手不足

労働時間の長さや24時間稼働のためのシフト勤務など、他業種に比べて厳しい労働環境になりやすく離職率の高さが目立ちます。
また、就業者の年代別構成では60代が3割を締めており、今後の人材不足はより深刻になる可能性があります。
参考:観光庁 日本旅館の生産性向上・インバウンド対応の加速に向けて
https://www.mlit.go.jp/kankocho/iinkai/content/001353673.pdf

2. 感染対策

コロナ禍以降、特に重要な課題となりました。
人手不足の状態でも万全の感染対策は急務となっており、従業員ひとりあたりの負担は大きくなっていると言えるでしょう。
お客様と従業員双方のリスクを最小限にしなければならず、コストと効果のバランスを兼ね備えた対応策を実行していく必要があります。

3. 宿泊客の減少

回復の兆しはありますが、コロナ禍以前(2019年)との同月比では数十パーセント規模で減少しています。
業務量の増加に対応するべく人材確保が必要ですが、お客様の減少によりコストは圧縮する必要があります。
参考:観光庁 宿泊旅行統計調査https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001443181.pdf

これらの課題への対応は、従来の業務形態では限界が見え始めているように感じる方もいるのではないでしょうか。
労働人口の減少に対して業務量が増加し、収益が低下する中で人材確保が必要な状態では、解決は困難に見えます。
それらを根本的に解決する手段として注目されているのが顔認証システムです。

根本的な改善を実現する顔認証技術

顔認証システムは前述の課題を幅広く解決するだけではなく、企業とお客様双方に多くのメリットを生み出すことができます。
ホテル業の課題に対して、どのように活用できるのかをご紹介します。

1. フロントでの受付業務削減

顔認証システムにより、これまでフロント担当者が行っていた業務を半自動化することができます。
顔認証決済はその中でも代表的な機能です。
デバイスやパスワード不要で決済可能なため、ホテル側の接客工数はもちろん、お客様の負担も軽減することができます。
フロントでの手続きが削減されれば混雑の緩和にも繋がり、感染対策にも効果を発揮します。

詳しくはこちらもご参照ください。
▶︎顔認証決済とは?仕組みやメリット、課題、事例について詳しく解説

2. チェックイン前の検温

遠方から不特定多数のお客様が訪れるホテルは、感染防止対策を徹底することが求められます。
お客様の自己申告では、時に信憑性を疑わなければならないかもしれません。
フロントで検温を実施すれば混雑の原因となり、そこでリスクが増大してしまう恐れもあります
検温機能がついた顔認証デバイスをホテルの出入り口に設置し、スムーズな検温を実現することで、感染防止対策として大いに役立つでしょう。
混雑が予想される食堂などの施設に設置すれば、より安全性が高まりお客様の安心感へ繋がります。

3. 客室の入室管理

客室の解錠を顔認証で対応することで、キーレスで客室の入退室を管理することが可能です。
また、鍵が不要になるため紛失防止の他、ホテル内のセキュリティ向上も期待できます。
管理コストの削減にも繋がるでしょう。

4. 外国人旅行者(使用言語が異なる方)の対応スムーズ化

外国人観光客の対応品質は、ホテルとして無視できない重要な要素です。複数言語で接客を行える従業員は貴重な人材であり、不足しやすくもあります。
その従業員の業務状況や休暇による接客品質のブレは、可能な限り無くしていきたいポイントです。
顔認証システムであれば、利用方法の説明文を複数言語で用意することで、フロント業務をセルフ化することができます。
お客様は言語の壁を感じること無くチェックインを完了できるため、ストレスフリーな滞在に繋がるのではないでしょうか。
本来的に人が対応するべきところに従業員のリソースを集中させることで、ホテルの魅力をより強くアピールできる環境が整います。

このように、顔認証技術はホテル側の工数削減はもちろん、お客様側にも大きなメリットを提供することができます。
社会的な気運もあり、顔認証システムはホテルのアピールポイントにもできるでしょう。

顔を認識してシステム的な手続きが行える顔認証技術は、工夫次第で細やかなニーズを満たすことも可能です。

まずは一般的な活用シーンを参考に導入し、徐々に自社に合った使い方を検討していく運用でも大きな効果を期待できます。

まとめ

このように、顔認証システムはホテル業務との親和性が極めて高い技術です。

ホテル業の課題解決において、人材の確保はもちろん大切です。
しかし、そもそもの労働人口が減少している状況下での人材の取り合いは、根本的な解決に繋がり辛いようにも考えられます。

顔認証システムを活用して工数の削減を行い、従業員が本質的なコア業務に集中できる環境を作ることで、労働環境の改善や離職率の低下を期待できます。

ホテル業界の課題に対するアプローチとして、顔認証システムの導入をぜひご検討してみてください。

こちらの資料でも顔認証システムの導入理由をまとめて解説しています
▶︎「すでに始まっている顔認証技術の導入理由とは」

お役立ち資料一覧はこちら

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、
画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して
最先端ソリューションを提供します。