コラム

コロナ対策でのサーモグラフィ。精度と速度、付加価値で差がつく選び方とは。

公開日:

更新日:

新型コロナウイルス対策として、施設の入り口でよく見かける検温器。サーモグラフィやサーモカメラなどと呼ばれていますが、放射温度計の一種です。今回は、放射温度計のタイプとコロナ対策に役立つ選び方を紹介いたします。
※本コラムで表記する検温・検温器とは「温度検知を行う行為・機器」を総称して使用しています。体温計とは薬機法に定められた基準で「体温を測定する機器」となります。

サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ)とは。コロナの水際対策におすすめの選び方。

サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ)とは、物体表面の温度を検知できるカメラのことで、その映像や装置全般をサーモグラフィと呼びます。サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ)は、放射温度計の一種で、遠赤外線を検出するセンサーが搭載されており、物体から放射される遠赤外線の量を検知し、カメラに映る映像全体の熱分布を表示できます。

施設の出入り口でよく見かける、非接触型のガンタイプ(ハンディタイプ)検温器も、サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ)と類似した仕組みで、遠赤外線の量を検知していますが、検知範囲はピンポイントに限られるため、熱分布映像は表示できません。こちらは、スポット放射温度計とも呼ばれています。

スポット放射温度計で正確に温度を測定するためには、決められた測定範囲(スポット径)と測定距離で使用する必要があり、近距離(10cm程度)で測定することが一般的です。ガンタイプ(ハンディタイプ)検温器、顔認証型(タブレット型)が代表的なデバイスです。

スポット放射温度計 / ガンタイプ(ハンディタイプ)

・比較的安価ですが、人員コスト・対面でのリスクがある。

スポット放射温度計 / 顔認証型(タブレット型)

・顔認証機能が搭載され、無人で温度検知が可能。
・額(おでこ)をスポットに合わせる必要がある。

※機種によって異なります。

一方、サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ)は広い面積の遠赤外線量をリアルタイムで検知することができるので、動く物体の温度や、急激な温度変化を熱分布映像として可視化できます。さらに、遠距離からでも遠赤外線を検知することができるので、多数の人を効率よくスクリーニングする際に便利です。防犯カメラ型や顔認証型(タブレット型)が代表的なデバイスです。

サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ) / 防犯カメラ型

・多人数の同時温度検知が可能。 ・ウォークスルーでの温度検知も可能。
・比較的高価で外部モニターなども必要。

サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ) / 顔認証型(タブレット型)

・比較的高価。 ・顔認証機能が搭載され、無人で温度検知が可能。
・額(おでこ)をスポットに合わせる必要がないので、ウォークスルーも可能。

※機種によって異なります。

上記のように、温度計測方式とデバイスで特長が変わります。人員コスト、同時検知人数、ウォークスルーの必要性で検討すると絞り込みに便利です。

注意点として、サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ)、スポット放射温度計が検知しているのは物体から放射される遠赤外線の量、つまり物体の表面温度です。異常温度が検出され、発熱の診断をする際は、薬機法の取得を受けた機器で、体温(平衡温)を測りましょう。さらに、表面温度は、外気温や日光などの影響を受けるので、設置場所の温度や光線状況、風などに注意を払いましょう。

サーモグラフィとAI顔認証で温度検知が速くなる?デバイスごとの特性とは。

前述の通り、顔認証型(タブレット型)では、スポット放射温度計サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ)が存在します。その違いを確認していきましょう。

スポット放射温度計 / 顔認証型(タブレット型)

距離と温度検知範囲が限られているため、額(おでこ)の温度検知の場合、デバイスに近づき、額(おでこ)の位置をスポット径に合わせる必要があります。施設の入り口などで、顔認証型(タブレット型)デバイスに行列ができている場面を見かけることがありますが、この「位置合わせ」に時間がかかっているのではないでしょうか。

サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ) / 顔認証型(タブレット型)

映像全体で温度を検知するため、カメラ映像に映っていれば、位置合わせの必要はありません。しかし、それではどの物体の、どの部分の温度を測っているのかが把握できません。そこで、AIによる画像認識機能が役立ちます。

映像内から人物を割り出し、さらに、人物から額(おでこ)の位置を特定し、その額(おでこ)の温度分布を検出します。表面温度と環境温度から深部体温を推論するAIが備わっている機種もあります。

この一連のAIによる推論が瞬時に行われるため、「位置合わせ」の必要がなく、高速な温度検知が可能になります。高品質なAIやカメラが使用されている機種では、デバイスに近づくまでに温度検知が完了するので、ウォークスルーで人の滞留を抑えながら温度検知をすることが可能です。

防犯カメラタイプガンタイプ(ハンディタイプ)では、心理的負担を与えることがありますが、顔認証型(タブレット型)ですとその印象も多少やわらぐでしょう。異常温度検出の際にアラートを発することもできるので、担当者が付き添う必要もなく、無人運用が可能になるのもメリットです。

履歴データの蓄積が、いざという時役に立つ。

顔認証型(タブレット型)の機種では、インターネットに接続することで、管理画面が使用できる機種もあります。管理画面は、複数デバイスの一元管理やユーザーのグルーピング、認証・検知・アラート履歴の閲覧・保存などができ、Webブラウザからいつでもアクセスできるツールです。

もし、新型コロナウイルスの感染者が発生した場合、行動履歴や感染者に接触した可能性のある人の抽出に役立ち、それ以外にも、認証した時刻を、入退室の履歴や勤怠の打刻に反映することも可能です。
※顔認証機能が必要です。

勤怠管理、つまり従業員の労働時間の適正な管理とあわせて、労働する場所の安全性を確保することも、従業員に安心感をもたらし、健康管理をより強化できるシステムの構築が可能です。そして、客観的な温度検知と出入り時刻の履歴管理機能は、職場内のクラスター発生リスクを低減、コロナ対策の強化として活用できます。


サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ)は設置に少し気を遣いますが、設置環境さえ整えば、高速で温度検知が可能です。顔認証機能があれば、履歴の把握にも役立ちます。機種によっては、ドアと連動したり、勤怠の打刻にデータを活用できるなど、多用途に展開が可能です。
※勤怠管理について、こちらの記事もご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対策の補助金や助成金も適用できる可能性があるいま、水際対策として運用を開始し、アフターコロナではDXの推進に役立てる。少し先を見据えた付加価値でサーモグラフィを選んでみてはいかがでしょうか。
※補助金や助成金について、こちらの記事もご覧ください。

サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ)の選び方。Webセミナー開催中。

無料 FREE!

サーモグラフィの顔認証型(タブレット型) 出荷台数No.1!
AI温度検知ソリューション SenseThunderのカタログはこちら。

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、SenseTime社の画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して最先端ソリューションを提供します。