お知らせ

世界最高峰の参加型障害物レース「Spartan Race」でスマートチェックイン&チェックアウトを実現

公開日:

-顔認証による自動オペレーションが効率的なリソース運用とイベント運営を支える-

株式会社SRJ(所在地:東京都港区、以下「SRJ」)が2022年2月19日(土)に茨城県稲敷市で開催した世界最高峰の参加型障害物レース「Spartan Race」において、顔認証システムによるスマートチェックインを実現しました。

約数百名のボランティアスタッフを対象に、顔認証による本人確認と合わせた自動オペレーションを行いイベント成功に大きく寄与しました。

従来は、身分証明書を提示し本人確認を実施した後、受付スタッフが待機(対応)場所を各グループごとに指示をするオペレーションを行なっておりました。本イベントでは、顔認証システムで以下を対応し「受付スタッフの配置や工数削減」「スムーズで自動的な受付登録」を実現し、リソース運用の効率化に繋がりました。

  • 事前に顔写真をモバイルアプリケーションから登録
  • 会場入口に配置された顔認証端末で本人確認実施(同時に温度検知も実施)
  • 端末画面上で対象者の待機(対応)場所を自動アナウンス表示

Spartan Race マネージングディレクター・オブ・グローバルパートナーシップ Emily Downey エミリー・ダウニー ⽒は「私たちが提供するカスタマーエクスペリエンスは常にNo.1です。テクノロジーパートナーのJCVと共に"チェックイン"、"チェックアウト"のプロセスを強化することができました。」とお話頂いております。

Spartan Race マネージャーオブオペレーション/ インターナショナルレースディレクター 笠井 総⼦⽒は 「JCVテクノロジーを利⽤することで、安全管理がより効果的かつ効率的になりオペレーションの成功に繋がりました。」とお話頂いております。

当社 CEO Andrew Schwabecher(アンドリュー・ シュワベッカー)は、「JCVソリューションはホスピタリティ分野において急速に採用がされています。私たちは"チェックイン"と"チェックアウト"に変革を与え、ソリューションの効率性を高めることに喜びを感じております。」と述べています。

SRJとJCVは、スマートチェックイン&チェックアウトの成功を機に、今後行われる同様のイベントにおいて、画像認識技術(AR)を用いたエンターティメント演出、完全手ぶらで決済ができるFacePayment等のエクスペリエンスを参加者に提供すべく連携を強化して参ります。

弊社は、Identity・Access・Video Analytics・ARにフォーカスしたテクノロジーを提供しております。テクノロジーを集結した「JCV DemoLab」(東京・六本木)を開設しております。
ぜひ、弊社の最新テクノロジーをご体験ください。

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、
画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して
最先端ソリューションを提供します。