お知らせ

【もしもの時にあんしん】JCV、AI温度検知デバイスのサポートサービスを拡充

公開日:

-国内実績NO.1* JCV SenseThunderに安心のサポートメニューが登場-

ソフトバンク株式会社の子会社である、日本コンピュータビジョン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社⻑:アンドリュー・シュワベッカー、以下「JCV」)は、2020年4月より正式提供しているAI温度検知ソリューション「SenseThunder」のサポートサービスにおいてメニュー拡充の上、サポートサービスを強化することをお知らせします。

プレミアムサポートサービスとして「電話サポート」と「オンサイト交換保守サービス」をメニューに追加し、2021年4月19日(予定)より提供を開始します。

AI温度検知・顔認証デバイスにおけるサポートを強化し、お客さまがより安心して最先端のテクノロジーを利用した感染症対策、ウィズコロナ・アフターコロナにおける非接触による業務効率化の実現に貢献して参ります。

◆JCVサポートサービス

今回、追加されるサポートメニューのご利用には、年次更新のハードウェア保証、SenseLink Cloudライセンス購入が前提となります。

追加サポートメニュー(別途費用発生)

(プレミアムサービス)

  • 「電話サポート年間サービス」    平日10:00-17:00(*)
  • オンサイト交換保守年間サービス」 平日10:00-19:00(*)
    (JCVが障害切り分けし、製品不具合と判断した場合に適用)
  • 「初回機器設置サービス」 平日10:00-19:00(*)(初回設置時のみ適用)
  • 「メンテナンスサービス」 平日10:00-19:00(*)(適時)

(*)12/31~1/3の年末年始期間を除く

◆サポート対象製品
AI温度検知ソリューション「SenseThunder」シリーズ各デバイス
(SenseThunder E、SenseThunder Mini、SenseThunder Air)

AI温度検知ソリューション「SenseThunder」
*1「SenseThunder」は株式会社富士経済が2020年12月に実施した「COVID-19の流行により激変する 検温/体温測定向けサーマルカメラ関連市場の現状と将来予測」に関する調査の結果、非接触検温/体温検知装置(タブレット型)1位(2020年見込・販売数量/台数)を獲得しました。

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、SenseTime社の画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して最先端ソリューションを提供します。