お知らせ

SenseThunderとクラウド型勤怠管理システム「KING OF TIME」が連携

公開日:

更新日:

~高精度な顔認証で勤怠と従業員の温度情報をマネジメント~

ソフトバンク株式会社の子会社、日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、以下「JCV」)は、国内実績No.1*のAI温度検知ソリューション「SenseThunder」が株式会社ヒューマンテクノロジーズ(本社:東京都港区、以下「ヒューマンテクノロジーズ」)が提供するクラウド型勤怠管理システム「KING OF TIME」とのAPI連携を開始したことをお知らせ致します。

「SenseThunder」は、AIを活用した顔認証技術と赤外線サーモグラフィーにより、マスクを着用したままでも0.5秒でスピーディーに温度検知と顔認証ができます。感染症対策と合わせ効率的な企業運営の実現に貢献し、アフターコロナにおいて有効なITツールとして活用できる点を評価頂いております。
今回の連携に伴い、「SenseThunder」による顔認証時刻を出退勤時刻としてヒューマンテクノロジーズのクラウド型勤怠管理システム「KING OF TIME」に登録することが可能です。

顔認証時に温度情報も取得している為、管理者は従業員の勤務時間のみならず、温度情報から推測できる健康状態のマネジメントが可能となります。勤怠登録を非接触でスムーズに実施するだけでなく、従業員がいつも安心ができる労働環境の提供に繋がります。
勤怠打刻情報は「KING OF TIME」管理画面、温度情報は「SenseThunder」管理画面でそれぞれ確認頂けます。
JCVは、「SenseThunder」の納入を通し安心安全な環境の整備と、ウィズコロナ、アフターコロナにおける効率的な企業運営の実現に貢献して参ります。

■勤怠管理システム「KING OF TIME」
打刻データがリアルタイムにブラウザ上で管理出来るので「作業効率」と「コスト削減」の実現が可能です。導入企業は 24,500 社以上、実利用者数は 1,900,000 人以上(2021年1月1日時点)と勤怠管理クラウド市場*シェア No.1 のサービスです。
https://www.kingtime.jp/

■連携イメージ

[注]
*「SenseThunder」は株式会社富士経済が2020年12月に実施した「COVID-19の流行により激変す
  る検温/体温測定向けサーマルカメラ関連市場の現状と将来予測」に関する調査の結果、非接触検温/体 
   温検知装置(タブレット型)1位(2020年見込・販売数量/台数)を獲得しました。

*「KING OF TIME」は、2020 年 富士キメラ総研調べ:勤怠管理 Saas市場利用ID数より 

* 温度管理アプリケーションは「KING OF TIME」と連携しておらず、単独でのご利用です。  
  100名を超えるユーザー情報を管理することはできません。

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、SenseTime社の画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して最先端ソリューションを提供します。