お知らせ

イベント開催時の感染症対策と効率的な運営を支援、大阪城ホールにAI温度検知機器を導入

公開日:

ソフトバンク株式会社の子会社、日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、以下「JCV」)はAI温度検知システム「SenseThunder(センスサンダー)」を、株式会社大阪城ホール(本社:大阪府大阪市中央区、以下「大阪城ホール」)に納入しましたのでお知らせ致します。

「SenseThunder」は、AIを活用した顔認識技術と赤外線サーモグラフィーにより、マスクを着用したままでも僅か0.5秒でスピーディーに温度検知ができ、効率的なスクリーニングが可能です。また、夏の直射日光による影響や冬の外気による冷えなどの外的要因を避け、精度が高い温度測定ができるAI温度検知機器として高い評価を受け、さまざまな店舗や施設、病院、企業等にて採用頂いております。

今回、採用頂きました大阪城ホールでは、ホール関係者入り口に設置頂いております。
来場者のスクリーニングをスムーズに実施する感染症対策と、ウィズコロナ時代における効率的なイベント運営実施の実現を目的に活用がされています。既に実施されている感染防止対策と合わせて「SenseThunder」を活用頂くことで会場へのウィルス持ち込みを抑制し、来場者に特別なひとときをお楽しみ頂ける空間の創出が可能となります。

JCVは、「SenseThunder」の納入を通しさまざまな場所での安心安全な環境の整備と、ウィズコロナ時代における効率的な企業運営の実現に貢献して参ります。

【本件に関するお問い合わせ】

問い合わせフォームよりご連絡をお願い申し上げます。

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、SenseTime社の画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して最先端ソリューションを提供します。