career opportunities

2020年07月30日

東京建物が新本社屋へAI 顔認証入退室システムを導入

-認証速度0.3秒のAI顔認証による次世代アクセスコントロールの実現-

ソフトバンク株式会社の子会社、日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:アンドリュー・シュワベッカー、以下「JCV」)は、東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:野村 均、以下「東京建物」)の新本社屋である東京建物八重洲ビルにAI顔認証を利用した入退室管理システムを導入しました。今回導入したのは、AI顔認証デバイスを通して、強固なセキュリティ構築が可能となるJCVビルディングアクセスソリューションです。

顔認証デバイスが出入口に設置され、認証されるとドアが自動解錠となる。
オフィス内各所へ顔認証デバイスが設置され、顔認証で解錠される。

東京建物新本社屋においては、オフィス出入口にAI顔認証デバイスを設置し、顔認証によるドアの開閉管理を行うという運用を実施されてます。顔認証による入退室管理により、ICカード等を紛失した際に他者のなりすましによる不正入室等を防ぐことが可能となり、セキュリティリスクの軽減にもつながる事が期待されます。

マスクや眼鏡を着用していても本人識別が可能という認証精度、ならびにわずか0.3秒で認証可能という認証速度が今回の導入の決め手となりました。実際に利用されている社員の皆様からは、顔認証による入退室のスムーズさや、顔をかざすだけでドアが開くという新しい体験に対してご好評を頂いております。

東京建物は、将来的には同社が保有する建物・テナントへの同システムの導入拡大を検討されています。尚、本システムの施工とエンジニアリングに関しては、JCVパートナー企業であり、ビルディングオートメーション事業を展開するアズビル株式会社が行いました。

 JCVは、ビルディングアクセスソリューションの納入を通し、ユーザーには安全で快適なアクセスを、管理者には効率的なアクセス管理を可能にさせる事で、AI顔認証技術が与える利便性を多くの方が享受できる環境構築を推進して参ります。

【本件に関するお問い合わせ】
日本コンピュータビジョン株式会社 マーケティング担当
問い合わせフォームよりご連絡をお願い申し上げます