コラム

コロナ禍を乗り切る鍵は顔認証?小売店での顔認証技術活用を解説

公開日:

更新日:

人手不足が深刻化する現代、小売業界はその影響を強く受けている業界の一つです。
人材確保の難しさや離職率の高さもあり、これまでに企業は様々な取り組みを行ってきましたが、安泰とは言えない状況が続いています。

現在、小売業界では顔認証技術による変革が起こり始めています。
業務工数の削減と人材育成を両立させ、これまでの課題を解決する顔認証技術はどのようなことができるのでしょうか。

この記事では、小売業界で顔認証技術がどのように活用され、課題を解決しているのかをご紹介します。

小売業界で深刻化する人材不足。打開策は?

小売業界では、人材不足に悩む企業が多く存在しています。
自社ならではの魅力をアピールする、少しでも良い待遇を提示するなど、できる限りの取り組みを各企業が行っていますが、人材不足の悩みはなかなか解消されていません。

人材不足の主な原因として、以下の事柄が挙げられます。

1. 少子高齢化による労働人口の減少

そもそもの労働人口が減少しており、人材確保が難しくなっています。
絶対数が減少しているため、従来の人材確保戦略だけではやはり確保できる人数は減少する傾向にあるでしょう。
外国人労働者や就業支援の受け入れも積極的に行っていますが、それでも追いつかないほどのスピードで労働人口の減少が進んでいるのが現状です。

2. 働き方の多様化による、小売業界を志望する労働者の減少

昨今ではテレワークが急速に広まりましたが、それ以前からもインターネットの活用により、場所や時間の束縛が少ない働き方を各個人が選べる時代に変わってきました。
小売業界では、店舗の従業員であれば現場へ出勤することが労働の前提となりやすくなります。
そのため求職者が選ぶ職業の候補から除外されてしまう割合が高くなり、人材不足の一因となっている可能性があります。

3. 労働環境の過酷さ

休日は店舗が多忙になる傾向があるため、一般的に店舗の従業員はシフト勤務を行っています。
そのため決まった休日を取得できずに、家族や友人とスケジュールを合わせ辛くなってしまうなど、プライベートを大切にする労働者にとっては避けたい勤務体系と言えるでしょう。
また、人材不足になれば従業員一人当たりの業務量を増やして対応することになります
結果的に長時間労働へ繋がり、シフト勤務と相まって従業員が不満を抱きやすい環境になる恐れもあります。

顔認証技術によるDX化が小売業界を救う

小売業界の人材不足は深刻な状況にあります。
これらを解決するためには、労働環境に根本的な変革が必要です。
小売業界では薄利多売のビジネスモデルが多数を占めるため、従来の方法では根本的な解決が難しいためです。

解決策の1つとして、顔認証システムが急速に注目を集めています。
顔認証システムは店舗業務との親和性が非常に高く、小売業界の幅広いニーズとマッチしているためです。

1. 人材不足の解消

これまで従業員が行っていた業務の一部を、顔認証により代替することが可能です。
業務自動化により必要な人手を削減できるため、人手不足の解消に繋がります。

2. 属性分析によるマーケティング戦略の進化

お客様の顔情報を分析し、属性(年代や性別など)分析を行うことができます。
分析結果はデータとして蓄積することができ、お客様の行動傾向の予測や属性に応じたクーポンの配布など、これまで以上に戦略的なマーケティング推進を実現します。

3. 感染拡大防止対策の推進

非接触による自動検温で体調不良の従業員やお客様をいち早く検知できます。
また、顔認証決済でスピーディな会計を実現することで、レジ前の混雑が緩和されるため、店舗としての感染拡大防止対策に繋がります。

4. 従業員管理の効率化

従業員の出退勤を顔認証で管理することで、管理者と従業員双方の手間を削減可能です。
履歴はデータベースに蓄積されるため、従業員の勤務状況を可視化し、客観的な評価や比較が行えるようになります。

このように、顔認証システムは小売業界としての課題を解決しながら、ビジネス上で有益な機能を有しています。

小売業界における顔認証の活用シーン

前述のとおり、顔認証システムでは幅広く小売業界のニーズをカバーします。
実際にどのように活用されているのか見てみましょう。

顧客のロイヤルティ向上

1. 顔認証決済
顔認証システムにより、非接触の決済を実現します。
お客様はカードやデバイスを用意することもなく顔をかざすだけでよいため、スピーディな決済を実現します。
これによりお客様の利便性が向上するだけではなく、レジ担当者の工数が削減され人材不足の解消に繋がる一歩となります。

2. 入店時のチェックイン
入店のタイミングで顔認証を行うことで、お客様の会員認証や個別にクーポンを配布するなど、きめ細やかな対応を実現できます。
また、顔認証機能による検温を併用することで体調不良のお客様を判別することが可能なため、感染防止対策としても効果があります。

マーケティング戦略の進化

1. クーポンや広告の自動配布
お客様の属性(年代や性別など)を分析し、それぞれに合ったクーポンや広告の配信を行えます。
お客様の嗜好に沿った情報を提供しやすくなるため、お客様が興味のない広告を煩わしく感じる機会を削減することが可能です。

2. 動線の可視化
お客様の導線を可視化することで、滞留時間の測定やレイアウトの改善に役立ちます。
手間を掛けずに改善と結果を確認することでPDCAを回しやすくなり、より洗練された店舗経営が可能になります。

店舗運営の改善

1. 従業員管理の効率化
従業員の労働時間や出退勤履歴には、タイムカードやICカードを利用することが一般的です。
これらを顔認証システムで代替することで、管理者と従業員双方の手間を削減できます。
クラウド上のデータベースにデータを残すことができるため、自動集計はもちろん各従業員の比較や業務実態を正確に把握することが可能です。
さらに検温デバイスを併用して出勤時に検温を行えば、従業員の体調管理にも効果を発揮します。

2. 従業員の業務内容改善
顔認証システムにより単純作業が自動化されることで、従業員はさらに価値がある業務にリソースを集中させることが可能になります。
これにより従業員のモチベーションやスキルの向上を期待でき、優秀な人材が育ちやすい環境を整えることができます。

セキュリティ、インシデント対応への応用

1. 迷子の捜索
迷子になったお子様の顔情報を登録することで、迷子の自動捜索を行うことが可能です。
移動経路の確認によりお客様の安心感にも繋がり、従業員の工数削減も実現します。

2. お客様の行動監視
店内のカメラでお客様の行動を監視することで、不審者の早期発見や立入禁止エリアへの侵入を素早く検知することができます。
検知時に従業員への通知を行うことで迅速な対応を行うことができるほか、人の目による監視と比べて監視精度が安定します。
通常の監視は顔認証に任せ、ピンポイントの監視は有人監視とするなど、目的に応じた柔軟な運用が可能です。

このように、顔認証システムは店舗内の業務自動化を推進し、サービス品質を大きく向上させることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

店舗における人材不足は慢性化しており、その中で人材確保や感染拡大防止対策の実施はコストの観点では非常に苦しい状態に陥る一因となります。

顔認証システムの活用により業務が効率化されることで工数が削減され、根本的な人材不足を解決するアプローチが可能です。
サービス品質の向上により、長期的にビジネス上のメリットも得られるため、人材不足と利益を両立させることができます。
非接触決済や検温により、店舗としてアピールできる感染拡大防止対策として活用することもできるでしょう。

様々な要因が絡み、解決が困難に見える人材不足に対する有力な一手として、顔認証システムを導入するご参考になれば幸いです。

小売業界の画像認識や顔認証システムに関してこちらの資料でまとめています。
▶︎ 小売業界の進化がはじまる。画像認識・顔認証技術がもたらす変革とは

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、
画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して
最先端ソリューションを提供します。