コラム

マスクをしたまま顔認証と温度検知ができる「AI温度検知ソリューション」とは?

公開日:

いまでは多くの企業で出社時の検温を実施しており、温度検知と顔認証を一度にできる「AI温度検知ソリューション」に注目が集まっています。今回は、「AI温度検知ソリューション」で「マスクをしたまま顔認証と温度検知ができるのか」について紹介します。

出社時の検温は感染症対策の基本。温度検知結果と個人を紐づけたデータ管理が重要。

新型コロナウイルスにとどまらず、感染症対策の基本は検温です。すでに6割以上の企業が出社時の検温を実施しています※1。しかし、その手間、精度、速度、人員の確保、検温データの管理など、課題はたくさんあります。そこで、機器を設置するだけで非接触・無人で温度検知ができる「AI温度検知ソリューション」に注目が集まっています。人員配置の必要がないだけでなく、温度検知結果と個人を結びつけたデータ管理を自動で、しかも、マスクをつけたままで実現できることが注目のポイントです。

※1 「新型コロナウイルス感染症に対する企業の危機意識」より

マスクをつけたまま温度検知と顔認証が同時にできる。そのメリットとは?

いまでは街を歩く人のほとんどはマスクをしており、マスクの着用は新しい日常になっています。しかし、スマートフォンの顔認証など、いちいちマスクをはずさないと認証できない、認証速度が遅いという面倒も生じています。マスクをすることで不便が生じてしまっているのです。

「AI温度検知ソリューション」は、AIを活用することで、マスクをつけたままでも高速・高精度※2な顔認証と温度検知を実現しています。
一般的な非接触型体温計は、額で温度検知をすることが多いと思いますが、前髪やメイクの有無で表示温度がばらつく場合があります※3。「AI温度検知ソリューション」は、AIによって顔・額の位置を特定し、複数の温度点のデータを収集、室温の影響などを補正し、正確な温度検知を実現しています。

※2 SenseThunder-Eは0.5秒(顔認証+温度検知時)、±0.3℃。

※3 測定条件や機種により異なります。

また、温度検知を顔認証と同時に行うことで、登録済みの従業員データと自動的に紐づけ、データ管理の手間を削減できることも「AI温度検知ソリューション」のポイントです。

ここで、マスク着用時の顔認証がポイントになります。「AI温度検知ソリューション」では、マスク着用のままでも高速・高精度な顔認証が可能です。
さらに、マスク着用の有無を検知して、その場でアラートを出すこともできます。マスク着用という今では当たり前の感染症対策を従業員や来訪者に促し、マスクの常用を強く意識させることが可能です。

従業員の健康管理を正確に、手間なく実施できる。withコロナ時代の定番ソリューション。

従業員に対する出社時の検温は、「体温を測定すること」だけが目的ではありません。発熱している従業員の入室を制限し、ウイルスを持ち込ませないようにすること、マスク着用という当たり前の感染症対策を定着させること、万が一社内に感染者が出た場合は早期に濃厚接触者を特定し、適切な処置を行うこと。これらが「体温を把握する」目的です。

たとえ顔認証型の検温器を導入しても、顔認証をするたびにマスクを外さなければならないのでは、感染症対策として課題が残ります。顔認証の速度が遅いと密を生み出してしまいます。顔認証の精度が悪いと温度と個人の紐づけの前提が揺らいでしまいます。
しかし「AI温度検知ソリューション」は、マスクをしたままでの顔認証、温度検知を、高速・高精度で実現できるので、従業員には温度検知時にマスクを外すストレスやリスクもありません。管理者にとっても運用の手間がかかりません。

  • マスクをつけたまま、非接触・無人で温度検知を行うことができる
  • 認証の度にマスクをはずす必要もないため、従業員のストレスも少ない
  • マスクの着脱に伴う感染リスクを軽減できる
  • マスクをつけたまま、高速で顔認証が可能なため、密を作らない
  • 温度検知結果と個人の紐づけも自動で履歴に残すことができる

従業員の健康管理は必要不可欠です。しかし、そのために多くの人的リソースを割くことは現実的には難しいと思います。マスクをしたまま高速・高精度で顔認証、温度検知ができること、そのデータを登録済みの従業員データと連携して自動的に記録できることで、従業員の健康管理を正確に、手間なく実施することが可能となります。

このメリットがあることから、「AI温度検知ソリューション」は、withコロナ時代の定番ソリューションになっていくでしょう。

無料 FREE!

多くの企業が感染症対策で何を行っているか、
課題と感じていることとは?

お役立ち資料一覧はこちら

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、SenseTime社の画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して最先端ソリューションを提供します。