お知らせ

JCVテクノロジーで実現する京都産業大学のオープンキャンパス2023

公開日:

更新日:

ソフトバンク株式会社の子会社、日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:アンドリュー・シュワべッカー、以下「JCV」)は、京都産業大学にて、AR(拡張現実、以下AR)コンテンツを活用した次世代型オープンキャンパスを支援します。参加者は、未来の扉を開く一歩となるスマートキャンパスの取り組みとして、ARテクノロジーの可能性を体験することができます。

◾️背景と実施内容

ソフトバンク株式会社は5Gなどを活用して大学のDXを支援する「スマートキャンパス構想」を発表し、その第一弾として、京都産業大学とソフトバンク株式会社は、2023年5月26日に包括連携協定を締結しました。さらに、スマートキャンパス化を学内からサポートする専任担当者「スマート・キャンパス ディレクター」を大学へ派遣し、学生参加型のワークショップを2023年6月から開催し、5Gなどの先端技術を活用した新しい学生生活のためのサービス創出を進めています。

その取り組みの一つとして、ソフトバンク株式会社の子会社であるJCVは、ARマーカーで実現する現実空間と仮想空間の融合や没入感の演出、位置特定技術(VPS*)によるARナビゲーションなどのソリューション提供を京都産業大学と協議を開始しております。まず第一段として、2023年8月5日(土)、6日(日)、9月3日(日)に京都産業大学で行われるオープンキャンパスにて来場者に配布されるペットボトル飲料のラベルをスマートフォンカメラで読み込み、ARエフェクトを表示させる体験を提供します。

アプリケーションのインストールが不要で気軽に体験できるAR技術となり、ラベル画像を読み込んだ後に画面上にエフェクトが登場します。画面内にマーカーが入っていれば、360度どこからでも見られることが可能で、動きに合わせて影も動くので、まるでそこに存在しているように感じることができます。AR技術を利用したスマートキャンパス化に向けてソフトバンク株式会社並びに京都産業大学と協議し取り組んで参ります。

◾️「JCV AR Maker SDK」の概要

高度な画像認識技術をベースとし、2D画像上の仮想空間にARコンテンツを表示。マーカー画像の座標情報を取得し3Dモデルを配置。3Dモデルはマーカーの位置と同期してリアルタイムで追随されるので違和感がないAR体験を提供可能。

- JCV AR Marker SDKで実現できるユースケース例 -

1.印刷物や広告へのARコンテンツの埋め込み
ARマーカーを印刷物や広告に配置することで、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを使って関連するARコンテンツを表示できます。例えば、商品パッケージにマーカーを配置して、商品の拡張情報やデモンストレーションを提供することができます。

2.観光やイベントでの情報提供
観光地やイベント会場に配置されたARマーカーを通じて、周辺の情報や案内、歴史的な解説、エンターテイメントコンテンツなどを提供することができます。訪問者はスマートフォンを使ってARマーカーを読み取り、豊かな体験を得ることができます。

3.教育やトレーニング
教育現場やトレーニング環境でARマーカーを活用することで、対話的な学習やシミュレーションを実現することができます。例えば、教科書や学習教材にARマーカーを配置して、3Dモデルや解説動画などの補足情報を提供することができます。

4.建築や不動産業界でのプレゼンテーション
建築プロジェクトや不動産物件のプレゼンテーションにおいて、ARマーカーを使って仮想モデルやインテリアデザインのプレビューを提供することができます。顧客はスマートフォンやタブレットを使ってARマーカーを読み取り、建物や部屋のイメージをリアルタイムに確認することができます。

5.製品デザインやマーケティングの可視化
製品デザインやマーケティングキャンペーンのプレゼンテーションにおいて、ARマーカーを使用して製品の3Dモデルや特徴を視覚化することができます。顧客はスマートフォンやタブレットを使ってARマーカーを読み取り、製品の見た目や機能を詳細に確認することができます。

■京都産業大学 オープンキャンパス詳細

・日程:8月5日(土)、8月6日(日)、9月3日(日)
https://www.kyoto-su.ac.jp/admissions/event/oc/index.html

*Visual Positioning Service(VPS)は、AR(拡張現実)技術の一部であり、デバイスのカメラを使用して現実世界の環境を認識し、デジタル情報を位置に関連付けるサービスです。VPSは、GPS(全地球測位システム)などの従来の位置情報システムに対して、より精密な位置特定や屋内での利用が可能です。

日本コンピュータビジョンは、高度なコンピュータビジョンソリューションに特化したリーディングテクノロジー企業です。セキュリティとイノベーションに重点を置き、世界中の人々の生活を変え、向上させる最先端技術を提供することを目的としています。
https://www.japancv.co.jp/en/contact/

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼
などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、
画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して
最先端ソリューションを提供します。