お知らせ

イオンモールのARコンテンツイベント実証実験に参画。画像認識技術をベースに、新しい空間イベントをお客さまに提供。

公開日:

イオンモール株式会社(本社:千葉県千葉市、以下 「イオンモール」)がイオンモール Nagoya Noritake Garden/BIZrium(ビズリウム)名古屋で行うAR実証実験に、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区)と協力して参画します。

本実証実験は、2021年10月20日(水)~2022年2月28日(月)まで、イオンモール商業施設BIZrium内にて行われます。詳細はイオンモールのリリースをご参考ください。

今回、イオンモールにご採用頂いたのは、業界トップクラスの画像認識技術をベースにしたSaaSプラットフォーム「JCV MARS」です。カメラ機能で取得した3次元データを用い空間情報を認識した上で、屋内の位置特定を正確に行い、アプリケーションコンテンツを通じて現実空間にバーチャルな世界を融合します。

指定の体験エリアで、イオンモールアプリ内にある「バーチャルな世界(AR)を楽しもう!!」をタップして頂きスマートフォンをかざすと、体験エリアごとに「動物園」「キャラ」「水族館」「ショップ情報」などのARコンテンツがお楽しみ頂けます。さらにARコンテンツは自由に写真や動画の撮影ができ、各種SNSへの共有も可能な体験型のARコンテンツになります。お客さまには現実世界と仮想空間の融合を体験頂き、新しい空間イベントをお楽しみ頂けます。​​

「JCV MARS」は、地図データ特徴点照合を高精度に実施し、遅延なく高速にユーザーへアプリケーションを通してサービス提供が可能です。さらに、サーバー側に取り込む地図上の特定ポイントやARアプリケーションコンテンツを直感的にGUIで簡単に管理することが可能です。事業者側もユーザー側も簡単にストレスなく利用ができ、現実空間にバーチャルな世界を融合し、新たなエクスペリエンスをご提供致します。

商業施設では、各店舗の情報や広告を仮想空間内でイベント表示など、有益な情報をお客さまに視覚的に発信し、集客効果やマーケティング目的での利用へと繋がる、新たなビジネスモデル構築に貢献します。

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、SenseTime社の画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して最先端ソリューションを提供します。