お知らせ

3次元データの空間認識(VPS*)を利用した、ARサービス 「JCV MARS(仮称)」を施設運営事業者向けに提供

公開日:

更新日:

弊社は、3次元データの空間認識で屋外・屋内の位置特定を行い、さまざまなARアプリケーションサービスを提供するSaaSプラットフォーム「JCV MARS(仮称)」を2021年10月(予定)より施設運営事業者向けに提供開始することを発表します。

「JCV MARS(仮称)」は、JCVが持つ業界トップクラスの画像認識技術を活用して、屋外・屋内での位置特定を実現し、地図データの特徴点の照合のみで、アプリケーションを通してユーザーへのサービス提供を遅延なく⾼速に行います。さらに、サーバー側に取り込む地図上の特定のポイント(POI*)やARコンテンツを直感的なGUIで簡単に管理することが可能です。事業者もユーザーもさまざまなARアプリケーションを、ストレスフリーで簡単に利用ができます。

なお、サービス開始時の以下のアプリケーション提供を予定しております。

・ ARナビゲーション(仮称)
・ ARマーケティング(仮称)
・ ARイベント        (仮称)

商業施設や観光施設では、ARを活用したアプリケーションサービスを通して、
来場者にとって有益な情報をわかりやすく発信することで、マーケティングや集客効果が期待できます。
・ARで屋内施設内のナビゲーションを実施

・キャンペーンやクーポン情報を紹介
工場では、ARを活用したアプリケーションサービスを通して、作業効率化によるコスト削減や⼈材育成の標準化、作業全般の安全性向上などに貢献します。
・危険区域への回避などを含めた最適ルートの表示
・マニュアルをARで表示し、作業の効率化と標準化に寄与

現在、国⼟交通省でストレスフリーな⾼精度測位社会の構築を⽬指す「⾼精度測位社会プロジェクト」が進められ、準天頂衛星など屋内外の測位技術を活⽤したさまざまなサービス提供や、屋内外の電⼦地図や屋内測位環境等の空間情報インフラ整備等、さまざまな取り組みが行われています*。JCVは、「JCV MARS」の提供を通して、⾼精度測位社会の構築に貢献していきます。

なお、最先端の画像認識技術を体験できる、Demo Labを東京都港区六本木に開設しております。ご来訪頂きましたお客さまは、本サービスの体験を頂くことが可能です。

※1 VPS =「Visual Positioning Service」 カメラ機能で取得した3次元データを用いて空間情報を認識する

※2  POI =「Point of Interest」

※3 出典: 国⼟交通省HP 「⾼精度測位社会プロジェクト」

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、SenseTime社の画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して最先端ソリューションを提供します。