お知らせ

映像解析「SenseNebula」とパトライト社のネットワーク監視表示灯「NH-FVシリーズ」が連携

公開日:

更新日:

AIで検知後、表示灯が連携し管理者にわかりやすい通知を実現

映像解析ソリューション「SenseNebula」株式会社パトライトが提供するネットワーク監視表示灯「NH-FVシリーズ」の連携をお知らせします。例えば、立ち入り禁止エリアへ人物が侵入した際など、「SenseNebula」で人物を検知後、 管理画面でのポップアップのみならず、API機能を利用し監視表示灯を点灯の上、管理者に通知を行うことができます。常時モニタリングが不要となり、通知を確認した管理者は迅速な対応が可能となります。

◆利用イメージ

「NH-FVシリーズ」概要と特長

「SenseNebula」からも利用可能なAPIに加え、RSHなどの各種コマンド・クラウドからの制御ができます。またPing監視による死活監視、SNMP監視による状態監視機能を搭載のため、MIB情報をアクティブに取得し設定した条件と合致すると、光、音、音声、メールでお知らせすることが可能でネットワークカメラなどIP機器の監視にもご利用頂けます。音声はWEBブラウザ経由でMP3ファイルより登録可能です。

(主なユースケース)

  • 顔認証システム・カメラ機器とあわせた入退室管理や発熱者検知時の報知
  • サーバ・社内ネットワークなどインフラの遠隔監視と異常時の報知
  • 火災報知器・センサなどと合わせた災害発生時の注意喚起
  • CTIソフトと連携しコールセンターの待ち子や対応漏れをオペレータへお知らせ

「SenseNebula」概要と特長

「SenseNebula」は、学習済みAI並びにGPUが搭載されたデバイスで、IPカメラと組み合わせることで人物検知、個人認識(顔データ登録時)、属性分析などの映像解析を実現します。デバイスには最大30万人の顔データが登録でき、データベースからの照合/認証をエッジコンピューティングで高速に処理します。

(主なユースケース)

  • 施設でのセキュリティ強化と、ポップアップ機能利用による防犯オペレーションの効率化
  • 公共/商業施設での感染症対策としてのマスク着用検知
  • 立ち入り禁止エリア(定点カメラ想定)への侵入検知
  • 事前に顔データを登録し、来場時に個人認識をする「おもてなし強化」

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、SenseTime社の画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して最先端ソリューションを提供します。