コラム

マーカーレス型ARとは?仕組みやマーカー型ARとの違いと活用事例を紹介

公開日:

更新日:

今やARは、業務からアプリまでさまざまな用途で使用されています。そのARが動作する仕組みにマーカー型とマーカーレス型があるのはご存じでしょうか。バーチャルメイクやAR広告などに、ARを導入しようと考えている企業の担当者も多いでしょう。ARの多くにマーカーレス型の技術が使用されています。

そこでこの記事では、マーカーレス型ARとは何か、マーカー型ARとの違い、仕組みと活用事例を紹介します。

マーカーレス型ARとは?|ARの概要と種類

ARは「マーカー」と呼ばれる目印を使って動作するケースもあります。そのマーカーを無くして動作を可能にしたものが「マーカーレス型AR」ですが、マーカーを無くしてもARはきちんと動作するのでしょうか。

ここでは、ARの概要や種類、マーカー型・マーカーレス型ARについて解説します。

AR(拡張現実)とARの種類

AR(拡張現実)とは、「Augmented Reality」の略です。実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示させることで、目の前にある現実を拡張させる技術です。ARにはそもそも「ロケーションベースAR」と「ビジョンベースAR」があり、それぞれ認識するものが異なります。

ロケーションベースAR
「ロケーション(位置)」の意味通り、スマートフォンなどの位置情報をトリガーとしてARを画面上に表示させる技術です。マップアプリなどに使用されています。

ビジョンベースAR
カメラで認識したARマーカーを解析し、それに準じたARを表示させる技術です。マーカー型とマーカーレス型があります。レシートに印刷された画像を読み取り、ARコンテンツを表示させることなど可能です。

マーカー型ARとは

事前に登録された画像やイラストなどをカメラで認識させ、ARを表示させる技術です。ARマーカーがトリガーとなり、指定された位置にARコンテンツが表示されます。

以前はQRコードのような白黒の図形でないと読み取れませんでしたが、技術の発展により白黒画像でなくともマーカーとして登録できるようになりました。

マーカーレス型ARとは

特定の画像やイラストなどのマーカーを用意する必要がなく、撮影している画像をリアルタイムで分析し、物体の形や環境を認識してARコンテンツを表示させる技術です。

特定のマーカーを用意せずとも、映ったものをマーカーとして認識しており、人の顔を認識してメイクを施す「バーチャルメイク」などに使用されます。

マーカーレス型ARとマーカー型AR、両者の違いと強み

ARの分類として挙げられる「ビジョンベース型」、その中にマーカー型とマーカーレス型があることを説明しました。

ここでは、マーカーの有無によってどのような違いがあるのか、そしてそれぞれのメリットを解説します。

マーカーレス型ARとマーカー型ARとの違い

マーカーレス型ARマーカー型AR
マーカー設定したものがある箇所で動作可能※特定のマーカーがある箇所でしか動作しない
※ただし、マーカーを特定しない分高度な映像解析技術が求められる

2種類の違いは、マーカー型が、ARマーカーのあるところでしかAR体験ができないのに対し、マーカーレス型は周囲の環境を認識するため特別な画像やイラストを必要としないことです。ただし、その分映像を解析する高度な技術が必要になります。

マーカーレス型ARとマーカー型ARのメリット

マーカーレス型ARマーカー型AR
周囲環境や風景など、
日常にあるものをマーカーにできる
マーカーのある箇所に対して、正確に反応する

マーカーレス型のメリットは特別な画像やイラストなどが必要なく、カメラに写した現実の環境や風景に即したARを表示できることです。例えば風景をトリガーとしてARを使用できるようにすることで、ARをより幅広い場所で使用できるようになるでしょう。

マーカー型のメリットは、正確にマーカーを置いてある場所にARを表示させることができることです。マーカーのデザインに凝ったり、特殊なデザインにしたりすることで、特別感があるマーカーを作ることも可能です。

マーカーレス型ARの仕組み

それでは、マーカーレス型ARの仕組みはどのようになっているのでしょうか。

マーカーレス型は、ユーザーの周りの現実世界・環境を実行時に直接読み取ります。仕組みは、現実世界のシーンの中からコーナー点や特徴点などの点群を自動的に選び出し、その点全体を一つのマーカーとしてARを表示させています。点は、静止しているものを選ばないといけなかったりカメラが見失いにくい点を選ばなければいけなかったりと制約がありますが、それをクリアする方法も開発されています。

マーカーレス型の種類には、空間認識型と物体認識型の2種類あります。

空間認識型

現実世界の奥行きや平面などを認識し、映した映像内にARを表示させる技術です。空間の認識した全ての位置に対してARコンテンツを表示させることができ、家具などの配置の確認や建設業など空間の位置把握をする必要がある業種に活用されます。

物体認識型

現実世界の奥行きや平面などを認識し、映した映像内にARを表示させる技術です。空間の認識した全ての位置に対してARコンテンツを表示させることができ、家具などの配置の確認や建設業など空間の位置把握をする必要がある業種に活用されます。

マーカーレス型ARの活用事例

空間や物体を認識し表示できるARですが、実際にはどのように使われているのでしょうか。マーカーレス型ARを用いた活用事例を詳しく見てみましょう。

商品設置例のアプリ

家具の商品を展開しているA社では、自宅の環境にA社の家具の商品を設置することができるアプリを提供しています。アプリを起動し、カメラで部屋を写すと実寸大の家具を移動させることができます。

ユーザーから見ても実際に設置したイメージが分かりやすく、購入しやすいでしょう。アプリ上で購入もできるため、部屋の中にいながら自宅に設置する家具を選定できます。

ARスポーツ

ARを用いたスポーツも提供されています。頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着し、フィールドを自由に移動して楽しむスポーツがあるのです。ボールを投げる動作をすることでボールが当たると相手の「ライフ」を破壊し、「バリア」を作って相手の攻撃を防御して遊びます。

ARを介することで、運動の得意不得意や年齢、障害の有無にかかわらずプレーできることが大きな特徴です。

アニメの聖地巡礼AR

アニメの聖地巡礼アプリにもARが使用されています。聖地巡礼とは、アニメやゲームのシーンにおいて実際に使用された場所をファンが「聖地」として訪れることです。このサービスでは、現地に行くとARキャラクターが出現して一緒に写真を撮ることができます。

AR広告

あるSNSで表示されるAR広告は、広告をワンタップすることで試着ができます。「タップして試着」のボタンを押すと、カメラが起動してAR製品を試着することができるのです。

また、試着をキャプチャしてニュースフィードに投稿する、「似合う/似合わない」の投票を行う、などもできます。ARを活用しつつ、このようにユーザーの投稿によって広告を更に宣伝できるところがSNSの特徴でしょう。

製造業の現場作業の業務効率化

B社では、製造業の現場作業の効率化にARのサービスを提供しています。テキストや動画など、自由に配置可能なARコンテンツを作成できる他、トリガーにも任意の画像を指定できるため、QRコードなどのマーカーは必要ありません。

ARを写しながら作業することで、点検業務や作業ミス・手順ミスの軽減に活用されています。また、時間や場所を問わずにARを表示できるため、トレーニングにも活用され現場技術の継承の時間短縮が期待されています。

自転車のアフターサービス

自動車メーカーであるC社では、自転車のアフターサービスに紙のマニュアルの代わりにARのデジタルマニュアルを導入しました。自転車の実機に部品のARを重ねて表示させることにより、部品の修理会社は分厚いユーザーマニュアルを調べることなく修理が必要な部品を特定でき、発注が可能になりました。

自転車の修理時間の短縮や、持ち主への素早い返却につながっています。

さまざまな用途に広がりを見せるマーカーレス型AR

マーカーレス型ARは、高度な技術が必要になるものの場所を選ばずにARを表示させることができるというメリットがあります。近年では、製造業から広告までさまざまな分野に技術が活用されています。

JCVでは、業界トップクラスの画像認識技術をベースにしたSaaSプラットフォームである、「JCV MARS」を提供しています。屋内の位置特定を正確に実施し、ARアプリケーションを直感的に管理できることから、新たなAR体験を可能にするでしょう。

ARコンテンツの導入をお考えの方は、お気軽にJCVまでお問い合わせください。

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、
画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して
最先端ソリューションを提供します。