コラム

AR(拡張現実)を実現するデバイスの種類と特徴、活用事例を解説

公開日:

更新日:

ARの効果を最大限高めるには、AR専用のデバイスが必要です。近年進歩を遂げるARの利用拡大に伴い、ARやARデバイスの導入を検討している方もいるでしょう。

そこでこの記事では、以下のことを詳しく解説します。

・AR(拡張現実)とは
・ARデバイスの役割
・ARデバイスの種類
・ARデバイスの活用事例

ARデバイスの活用事例も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

AR(拡張現実)とそれを実現するデバイスの役割

ARやARデバイスはどのようなものなのでしょうか。詳しく説明します。

AR(拡張現実)とは

AR(拡張現実)とは、「Augmented Reality」の略で、実在する環境にバーチャルな視覚情報を重ねて表示することです。実際に見えるものをベースにして仮想的に世界を広げることができます。

AR(拡張現実)の種類には2種類あります。

ロケーションベースAR
スマートフォン端末などのGPSから位置情報を取得してARを表示します。マップアプリなどに使用されています。

ビジョンベースAR
画像認識技術を使用してARマーカーを認識し、ARを表示させます。マーカーとして設定した物体を認識してARを表示するマーカー型と、周囲の環境に実在するものを認識してARを表示するマーカーレス型があります。

AR(拡張現実)の実現に必要な情報

ARを表示させるために必要な情報は、一体何があるのでしょうか。

・ロケーションベースAR:GPSから取得可能な位置情報や、磁気センサーで取得できる方位、加速度センサーで取得できる傾きなど
・ビジョンベースAR(マーカー型):出現のキーとなるARマーカー
・ビジョンベースAR(マーカーレス型):出現のキーとなる現実の風景や建造物、物など

ロケーションベースARはデバイスから取得する環境データを元にARを表示し、ビジョンベースARは画像認識技術でマーカーを認識してARを表示しています。

ARデバイスの役割

ARデバイスとは、AR(拡張現実)を表示させることができる装置のことです。サングラスのようなVRゴーグルをかけている人を思い浮かべる方がいるかもしれませんが、特別な装置だけでなくスマートフォン端末などもARデバイスにあたります。

ARデバイスの役割は、AR(拡張現実)を表示させるために空間情報や位置情報を把握することです。ARデバイスは周囲の環境の情報をセンサーなどで認識し、それに対応したARを表示させるのです。例えば、端末を風景にかざすと風景に対応した建造物が現れる、視線を店舗に移すとその店舗の広告動画が流れる、などそれぞれの状況に応じた反応が見られます。

ARデバイスの種類と特徴

ここでは、ARデバイスの種類と特徴について詳しく説明します。

スマートフォンとタブレット

今や誰でも持っている、スマートフォンとタブレットは一番身近なARデバイスでしょう。OSにより、ARプラットフォーム対応やカメラの性能、センサーの種類が違います。ARプラットフォームとは、AR(拡張現実)を動かすための基盤のことで、OSによりARプラットフォームに対応しているかしていないかが分かれるため注意が必要です。

現在はスマートフォンやタブレットの性能が向上したことで、より現実的なAR体験が可能となっています。

ARグラス

ARグラスとは、AR(拡張現実)を体験するためのメガネ・ゴーグル型のデバイスです。軽量化しており、メガネのようにシンプルなものもあります。手で持つ必要はなく、かけるだけでAR体験ができることが特徴です。ユーザーの周囲の状況や環境を認識し、リアルタイムで情報を表示することができます。

さまざまな種類が発売されており、サングラスのような見た目のものだったり、ゲームが搭載されたものであったり、過酷な環境の現場に対応するためにヘルメットに装着可能であるものなどがあります。今後さらに用途も増えるでしょう。

ARグラスとスマートグラスの違い

ARグラスと似たものに「スマートグラス」と呼ばれるものがあります。ARグラスとスマートグラスの違いは、AR(拡張現実)に特化しているかしていないかです。

ARグラスの場合、現実世界の情報を読み込むためカメラやセンサーが搭載されており、見た目も大きく、重くなります。それに対してスマートグラスの場合は、メガネをベースにしたデバイスのため見た目が比較的スマートで重量も軽くなります。

スマートグラスを装着しても現実世界が見えていることは同じですが、スマートグラスの場合はARグラスのようにリアルタイムで現実世界の環境や風景に即した付帯情報を表示するといったことができません。スマートグラスは、メガネにデジタル情報が表示されるものと思えば分かりやすいでしょう。現在時刻などを表示する、音声を再生するといったことができるのです。

ARデバイスの活用事例5選

ここからは、デバイスを活用してAR体験をする事例を紹介します。

スマホ・タブレット使用事例

バーチャルメイク

化粧品の購入前に実際の使用感や見た目を、ARを使用してイメージできるサービスです。Webブラウザやアプリで使用でき、スマホやタブレットで、撮影した写真の目や口を認識して仮想的にメイクを施すことができる仕組みです。コロナ禍での非接触なメイクサービスということもあり、各美容商品メーカーやECサイトで多く活用されています。今後さらに活用の幅が広がるでしょう。

自然災害をシミュレーション

スマホやタブレットで自然災害のシミュレーションもできます。A社の自然災害アプリは、「雨」や「雪」などの天気や「浸水」などの災害のシミュレーションが可能で、アプリ内で設定を行うだけで、「その天候や自然災害が発生した場合の状況」をスマホやタブレットの画面上に映し出してくれます。

このアプリにおいてAR技術が活躍しているのは、「カメラに映り込んだ実際の景色にシミュレーションが投影できる」という点です。アプリ内の各モードで強度を設定するだけで、雨や雪の振り方を変更できるため、例えば「降雨・降雪の程度により景色の視認性がどのくらい変わるのか」を具体的に確認できます。

また、現在地を取得し最大規模の降雨を予測して、河川が氾濫した場合の浸水シミュレーションを行うこともできるため、「この降雨量だと自宅がどこまで水に浸かるのか」という災害シミュレーションに、よりリアリティを持たせられます。

ARが防災に対する意識の向上に役立っている例です。

建設現場の安全確認

B社のアプリでは、建物を建築する時の什器である建機の実物大の3Dモデルと実際の建築現場の映像を重ねて安全確認をすることができるアプリを提供しています。これにより、建機を置いた場合の周辺状況の確認や安全の確認などができ、建機の配置計画を決める時間とコストの削減に繋がります。

ARグラス・ゴーグル使用事例

発電所のメンテナンスサポート

C社ではビルや発電所など社会インフラのメンテナンス用のARシステムを開発しています。ゴーグル型のARデバイスを付けると、点検が必要な箇所と順序を実際の設備上に表示させることができます。点検結果はARと連動した音声対話で報告し、異常値の場合や点検漏れがある場合はシステムが再確認を促します。これにより、点検漏れや作業員のミスなどを防止することが目的となっています。

現場とオフィスのやり取りを効率化

D社は、ARデバイスによる遠隔支援で実作業での技術やノウハウの伝授を可能にしました。オフィスから、現場担当者のスマートフォンのカメラに写る映像を共有し、画像へマーカーを引いたり図面を共有したりしながら会話できます。オフィスにいながら複数の現場担当者への指導やコーチングもできるため、作業員不足が解消できるでしょう。

ARデバイスの今後の進化に期待が高まる

ARを利用するためのデバイスとしては、スマートフォンやタブレットが普及しているほか、ARグラスも進化したスマートなかけ心地でハンズフリーのAR体験が可能となっています。ARデバイスの進化に伴い、バーチャルメイクから建設現場、作業員の指導までさまざまな分野で活用が広がっています。これを機に、ARデバイスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

JCVでは、さまざまなARデバイスに対応したSaaSの「JCV MARS」を提供しています。スマートフォン・タブレットからARグラスまで、デバイスを問わず導入できます。最新のVPS(Visual Positioning Service)を利用しているため、屋内外、さらに昼夜も問わず位置を特定します。現場の効率化や現実空間における新たな体験にAR技術の導入を検討されている方は、ぜひJCVまでお問い合わせください。

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、
画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して
最先端ソリューションを提供します。