コラム

SDKとは?顔認証との関係性や導入のメリットについて解説

公開日:

SDKとは「ソフトウェア開発キット」という意味を持ち、ソフトウェア開発のために必要なものが集約されているキットです。SDKを活用すれば、専門的な知識がなくても最新の技術を既存のソフトウェアに追加できます。
そもそも「SDKが何を指すのかわからない」という方も少なくないでしょう。SDKとAPIの違いが明確になっていないという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、主に以下について詳しく解説していきます。

・SDKの概要
・SDKとAPIの違い
・顔認証SDKのメリット
・顔認証システムの実例

SDKを使った顔認証の導入を検討している経営者や担当者の方は、ぜひ最後までお読みください。

SDKとは?そして顔認証との関係性とは

まずは「SDK」の概要と、顔認証との関係性を詳しく解説していきます。

SDKとは

「SDK(Software Development Kit)」とは、労力をかけずにアプリを開発できるよう、プログラムやサンプルコードなどをパッケージ化した製品です。日本語では「ソフトウェア開発キット」と呼ばれます。

新規にアプリケーションソフトを作成する場合は、一からソースコードを書いて組み立てていかなければいけないため、高度なプログラム知識と膨大な時間が必要になります。また、完成してもデータ容量が増えて重くなり、実用に耐えない可能性も出てきます。このような問題を解消するために、多くの企業では必要なプログラムや技術的な文書をまとめたSDKを活用してアプリケーションを作成しているのです。

APIやサンプルコード、テストプログラムを搭載したSDKを応用すれば、実用度の高いアプリケーションの開発も容易になります。既存のソフトウェアへの追加も簡単なので、新機能の追加や品質保持などにも活用できます。

SDKとAPIの違い

APIは、2つの異なるコンポーネントを橋渡しして情報交換をするツールやプロトコルをまとめたものです。APIは、複数のサーバが連携する分散アプリケーションの構築も支援します。外部から機能を呼び出すためのインターフェースと考えればわかりやすいでしょう。

一方のSDKは、アプリケーションの作成に欠かせないすべてのアクションを実行できる「APIのセット」のようなものと考えてください。

顔認証システムに「SDK」を活用する

近年では、顔認証システムにSDKを活用したサービスも増えてきています。初めからパッケージ化されているので、顔認証システムの開発に関する専門的な知識は不要です。

「既存のシステムを活用して顔認証を導入したい」という企業は、SDKを取り入れることで手軽に顔認証システムを実装することができるでしょう。

顔認証SDKのメリット

顔認証SDKには、主に3つのメリットがあります。

・外部システムとの連携が容易
・開発者のリソースを大幅に削減
・オンプレミス/クラウド両方に対応

それぞれ詳しく見ていきましょう。

外部システムとの連携が容易

少ない労力でアプリケーションを開発できるのは、SDKの大きな強みです。初めからプログラムやインターフェースがパッケージ化されているため、システムの連携にも手間がかかりません。専門的な技術や詳しい仕組みを理解していなくても、新たな機能を簡単に実装できます。

開発者のリソースを大幅に削減

SDKは機能追加や連携に必要なツールがひとまとまりになっているため、アプリ開発者のリソースを大幅に削減することができます。

複数の異なるアプリケーションを連携させる手間も軽減できるため、リソースに限りがある企業でも数多くの機能を実装することが可能です。

オンプレミス/クラウド両方に対応

企業によってプラットフォームの形態は異なりますが、SDKなら「オンプレミス型」「クラウド型」の両方に対応できます。

近年では利用した分だけ料金を支払うクラウドを選択する企業も増えていますが、すでにオンプレミスを整備している企業がクラウドに移行するのは抵抗があるはずです。

しかし、SDKはオンプレミス型、クラウド型のどちらにも対応しているため、どちらを利用していてもすぐに顔認証システムを実装することができます。

SDKを活用した顔認証システム3選

ここからは、SDKを活用した顔認証システムをご紹介していきます。各システムの特徴や活用方法を理解すれば、実際に導入したときのイメージを掴みやすくなるはずです。

A社

A社では、あらゆるアプリケーションに顔認証を組み込むための開発キットを提供しています。顔認証エンジンを「ライブラリ」で提供しているため、APIにおけるHTTPリクエストを作成する必要がありません。

自作ライブラリによるアクセスでは、どうしてもエラーが頻発します。予想外の方法でアクセスされる可能性も考慮しなければいけません。また、HTTPアクセスを通していると、APIのパージョンアップによって大きく構造が変わったときにシステムエラーが多発する可能性があります。

しかし、SDKなら自社開発している範囲内でのアクセスに限定されるため、パフォーマンスを向上させやすくなります。APIのバージョンアップが行われても、SDK側で過去のバージョンに合わせたレスポンスに加工できるため、エラーの発生を防ぐことが可能です。

APIを簡略化して、顔認証における必要機能を最小限に抑えているのもA社製品の特長です。事前に顔認証システムとの連携を試せるサンプルとソースコードも提供されています。

B社

B社でも、独自の顔認証SDKを提供しています。複雑なプログラムを簡略化してパッケージングしているので、テンプレート管理も容易です。顔認証は、あらかじめ登録した顔データと撮影画像を照合しますが、B社の製品は静止画と動画どちらにも対応できます。角度ごとに特徴量を補正するため、斜めからでも確実に認証可能です。

検出した顔から性別や年齢を推測することもできるので、店舗でのマーケティングにも役立ちます。メガネやマスク装着時の認証に対応している精度の高さも特長です。

C社

C社では、顔認証をさまざまなAI/IoTソリューションに統合できるSDKを提供しています。クロスプラットフォームに対応しているだけではなく、ハイエンドのワークステーションから、IoTデバイスで使われる低消費電力のチップセットまで、ほとんどのハードウェア構成で動作するように最適化されているのも特長です。

WindowsやAndroid、iOS など主要なOSをカバー。OpenVINOやNVIDIA、Intel、GPU/VPUといった主要ハードウェアを使っているAIアクセラレーション機能にも対応しているため、手軽にディープラーニングアルゴリズムを高速化することができます。

顔認証の精度は、マスク着用時でも98.21%という認識率を実現。不適切なマスクの付け方でも認識できるため、スマホやタブレットの2Dカメラだけでなく、3Dカメラからでの「なりすまし」の防止にも役立ちます。

JCVが提供する「顔認証SDK」とは?

日本コンピュータビジョン株式会社(JCV)では、認証精度の高い顔認証SDKを提供しています。顔認証SDKの特長を詳しく見ていきましょう。

認証精度は99%以上

JCVの顔認証顔認証SDKは優れたディープラーニング技術を用いているため、99%以上という高い認証率を実現しています。独自の技術で認証スピードの高速化も実現しているので、利用者に負担をかけません。

生体認知で「なりすまし」を遮断

JCVの顔認証顔認証SDKには、カメラで検知した顔が「生きた人間であるかどうか」を判断する生体検知機能も搭載されています。

顔認証システムによっては、印刷物や人物の顔を模した3Dマスクでも認証してしまう可能性があるのです。しかし、生体検知が搭載されているJCVの顔認証SDKなら、このような「なりすまし」による不正認証を防ぐことができます。生きた人間を検知するため、写真のような印刷物や3Dマスクなどは検知しません。

さまざまな環境下でも精度をキープ

認証精度の高いJCVの顔認証SDKは、マスク着用時や、顔の一部が隠れているような状態でも本人認証を行えます。また、1:1認証、1:N認証によって不特定多数の認証も高精度で行えるため、人の出入りが多いイベント会場やオフィスなどでの利用にも対応できます。

顔認証を正確かつスムーズに導入するためにも「SDK」は必要不可欠

SDKにはソフトウェア開発に必要なツールがまとまっているため、既存のシステムに顔認証機能を追加することができます。新たなシステムの開発に時間やコストをかけられないという企業は、ぜひこの機会にSDKを活用してみてください。

JCVでは世界最高峰の技術を手軽に利用できるSDK(顔認証開発キット)を提供しています。マスクを着用したままでも認証できるため、コロナ禍でもさまざまなシーンで活用可能です。さまざまな場面で活用可能な顔認証技術をお探しの方は、ぜひJCVの顔認証システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、SenseTime社の画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して最先端ソリューションを提供します。