デベロッパーサイト

属性分析 [SDK] 導入事例 株式会社オープンストリーム

株式会社オープンストリームイメージ

トピックス

当社での技術検証において想定以上の⾼い結果を得ることができました。今後、画像認識の分野でこの価値が更に⾼まると確信しております。

株式会社オープンストリーム 様

JCV属性分析ソフトウェア開発キット(SDK)をベースに、デジタルサイネージ効果測定システム「あいも」を開発しました。「宝塚北サービスエリア」へ試験導入されています。

「あいも」とは

あいも」は汎用カメラと世界最高峰のAI技術を組み合わせて用いることで、より高度で正確な顧客属性分析を可能にするデジタルサイネージ視聴者効果測定システムです。

媒体価値の正しい評価を目的に開発

デジタルサイネージの普及は広がる一方、他メディア媒体と比べて視聴者情報が少なく、効果測定が難しいため、投資効果が分かりにくい、どのようなコンテンツを出せば効果が見込めるのかが分かりづらいなどの問題点があります。

そのような問題点を解決するために、デジタルサイネージに取り付けたカメラから取得した映像を解析し、通行人数や視聴者属性、視聴時間など媒体価値を正しく評価することができるソリューションシステム「あいも」を開発いたしました。

JCV属性分析SDKの採用理由

JCV属性分析SDKは、高精度の画像認識技術であると採用当初から確認しており、当社での技術検証においても想定以上の高い結果を得ることができました。今後、画像認識の分野でこの価値が更に高まると確信しておりますので、お客様へ更なる価値を訴求してまいります。

今後の展望

高い認識精度と自動集計システムの特長を生かし、デジタルサイネージ以外の分野への展開を検討しています。JCVがもつAI技術の知見とオープンストリームの最先端技術を駆使したシステムインテグレーションを掛け合わせ、さまざまな分野へソリューションを提供するため、日々サービスの拡大と改善へと努めます。

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、
画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して
最先端ソリューションを提供します。