映像解析 導入事例 株式会社アート

株式会社アートイメージ

トピックス

SenseNebulaを活用した新しいアクセスセキュリティのシステム製品開発及び製品化

株式会社アート 様

カメラシステムと入退室管理システムを一元管理。導入コスト、管理運用コストの低減を実現。

システム構成:入退室顔認証システム「ZENESCAN PERSON ゼネスキャンパーソン」

アートは 40 年続く入退室管理の専門メーカーであり、デジタルテンキー、非接触 IC カード、指紋照合装置など、先端技術を取り入れ、高性能で信頼性の高いセキュリティシステムを開発しています。特に、利用者とセキュリティシステムの接点となるインターフェースについて業界トップクラスの技術とノウハウを蓄積しています。アートの技術とノウハウに JCV の画像認識技術、システム・ケイの AI 技術を応用したカメラシステムのソフト開発技術など3社の強みを活かすことにより、低価格で高品質なアクセスセキュリティ製品を、この新しい時代に向けて製品化を行いました。

映像解析デバイス SenseNebulaを採用した理由

ソフトバンクグループの一員であるJCVを選択する決め手は高精度な認識技術による認証結果でした。事前テストにおいて高い精度であることを確認し、新たなアクセスセキュリティシステムとしてお客さまの高い満足度を得られると確信し、採用を決定致しました。

今後の展開

既に2022年2月埼玉県内に竣工予定のマンションに導入が決定しています。
エントランスの自動扉およびエレベーターと連動し着床階を押された状態で1階へ呼び出すことができます。さらに、大手不動産デベロッパー様が管理する建物への導入として2022年8月に都内新築オフィスビル、2022年12月に既設の都内大型商業施設の導入も決定し、今後、新築及び既設ビルに対応できるシステムとして多くの需要が見込まれます。

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、SenseTime社の画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して最先端ソリューションを提供します。